H27年度   




高等部のページへようこそ

目指す姿

  教育目標 ☆将来を見通し、主体的に生きる力の育成
○ 集団生活や集団活動に意欲的に参加し、適応できる生徒を育てる。
○ 豊かな情操を育て、体力の向上を図り、生涯にわたり健康で安全な生活ができる生徒
  を育てる。
○ 社会生活や職業生活に必要な基礎的な知識や技能を身につけ、自立できる生徒を育
  てる。
   
   高等部の主な行事
4月 始業式・入学式
作業学習オリエンテーション
新入生を迎える会
生徒会認証式
スポーツテスト
PTA総会・授業参観
先輩と語る会
5月 野外学習(1年生)
職場見学(2年生)
修学旅行(3年生)
交通安全教室

現場実習壮行会
6月 構内作業実習(1年生)
企業内作業実習(2年生)
就業体験(2年生)
現場実習(2年生)
7月 水泳実習
作業販売
芸術鑑賞会
終業式
8月 高等部体験学習
全校登校日
9月 始業式
10月 生徒会役員選挙
認証式
11月 校内作業実習(1年生)
企業内作業実習(2年生)
就業体験(2年生)
現場実習(2年生)
12月 学校祭、中濃マーケット
終業式
1月 始業式
企業内作業学習(2年生)
2月 入学者選考検査
PTA総会
授業参観(学習発表会)
卒業生を送る会
3月 卒業証書授与式
生徒会役員選挙
終了式
離任の会
7月 高等部 紙と光のワークショップ「浴衣」

 美濃和紙の専門家である渡辺末明さんをお迎えして、和紙を使った「あかりのワークショップ」を行いました。それぞれがすいかやかき氷などの好きな夏のイラストの貼り絵をして「浴衣」を作りました。その後、でき上がった「浴衣」を着て校内中をパレードをして校内のみんなに見てもらいました。13人が個性溢れる素敵な「和紙浴衣」を着ての、パレードは大盛況でした。


5月 修学旅行「沖縄」
1日目:平和記念公園 2日目:琉球村、美ら海水族館
3日目:首里城公園
・旅行を通して沖縄独自の自然や文化に触れ、仲間と共に社会的な見聞を広める。
・沖縄戦の歴史を知り、平和の素晴らしさを学ぶ。
・事前学習を生かし、公共施設や交通機関のマナーや決まりを守って利用する。

5月 野外学習
 各務原少年自然の家で野外学習を行いました。高等部に入って初めての野外学習ということもあり、生徒の緊張する姿がありましたが、自分の係の仕事を一生懸命取り組んだり、協力してカレーライスを作ったりすることで仲間と打ち解け、次第に仲良くなってきました。料理もおいしく仕上がり活動にとても楽しく取り組む姿がみられました。
11月  高等部1年生 第2回構内作業実習
 11月9日(月)〜13日(金)までの1週間、今年度2回目の高等部1年生を対象とした校内作業実習を行いました。6月の第1回構内作業実習では、生徒たちは入退室のマナーやタイムカードマシーンの使用方法、製品の取り扱い方等を学習し、身に付けたことにより、第2回目はスムーズなスタートを切ることができました。前回と比べて生徒たちの成長を感じたことは、働くことへの意識を強く持ち作業に臨む姿が見られたことです。そういった意識をもつことで、挨拶や報告も自然に大きな声を出して行うことができていました。また、製品を丁寧に扱い、正確に作業をする姿も多く見られました。構内作業実習で学び経験したことを生徒たちは、今後の学校生活や来年度2年生での実習等に生かして自立した社会人を目指します。
11月 高等部3年生 職場実習
【目的】
・実際的な職場体験をすることによって、望ましい勤労観や職業観を身に付けるとともに、進路学習及び卒業後の 職業生活に必要な知識、技能、態度を高める機会とします。
・生徒一人一人が、自身の知能や適正について客観的に考え、自己理解を深める機会とします。
・主体的な職業選択能力を養う機会とします。

 3年生は6月と11月の2回職場実習を行います。期間は個々の実態で異なりますが1週間ないし2週間です。間近に迫る卒業後の進路実現に向けて、各々が「働く人になる」という意識を強くもち実習行います。3年生は6月と11月以外にも、必要に応じて随時職場実習を行っています。
高等部2年生 企業内作業実習・就業体験
 高等部2年生では、生徒それぞれの将来の目標に合わせて、様々な実習に取り組んでいます。
 企業内作業実習に取り組む生徒は、企業や福祉サービス事業所などにて、6月1週間、11月2週間、実際的な仕事や作業の体験を行いました。
2月 学習発表会
 2月19日金曜日の授業参観日に、高等部の学習発表会が行われました。
 1年生は『ぼくらの181日』、2年生は『修学旅行に行こう!』、3年生は『レッツ!ファッション!』というテーマで発表しました。一人一人が精いっぱい発表する姿に、大勢の方から拍手をいただき、生徒たちもきらきらとした笑顔をみせていました。

 

Back
戻る